FC2ブログ

夏のおたのしみ♪

またまたごぶさたしてしまいましたm(_ _)m

本来なら初秋蚕の5齢の超繁忙期なのですが、、、
お父さんの桑が春にカモシカ食害に遭い、初秋蚕用の桑を春蚕で使ったため、今回はお休みです。

そんなわけで、わたしは毎日家にいて、夏の恵みを楽しんでいます。

<おたのしみ その1>
実家の母から「赤紫蘇採ったよ~」と連絡が。
梅干しに使う赤紫蘇ですが、母は紫蘇ジュース用に毎年植えています。
手伝いながら、「紫蘇ジュース」の作り方を教わってきました。



葉っぱをもいだら、キレイに水洗い・水切りをしておきます。(この状態で冷蔵保存可)



水を入れて火にかけ、沸騰したら5分くらい煮だします。



ザルで漉した煮汁に、砂糖とクエン酸を溶かし、冷めたらペットボトルに詰めて保存。
濃縮タイプですので、水や炭酸水で薄めて飲みます。焼酎で割っても。
美味しいだけじゃなく、夏バテ防止や食中毒予防にも。
娘に送ったら、大好評でした。



母のレシピは、紫蘇300グラム、水1リットル、砂糖1キロ、クエン酸大さじ1杯ぐらいです。
(私は、砂糖を500~700グラムぐらい、クエン酸は多めに入れています)
この分量で500mlペットボトル2~2.5本分です。

<おたのしみ その2>
産直で「かたうり」と「くろうり」を見つけたので、本格的な奈良漬に挑戦してみました。
(どちらも一袋1.5キロ入りで150円でした)



量が少ないので一緒に下漬け
(夢中になり途中の写真を撮り忘れてしまいました。)



一週間後、



新しい粕で本漬け
(いつものザラメではなく、三温糖を使ってみました)



塩が抜けて水分が出てくるので、時々かき混ぜながら、1ヶ月後にまた漬け替えます。

基本のレシピは、瓜4キロ、塩500グラム、砂糖500グラム、酒粕500グラムで1週間下漬け、
本漬けは、酒粕1キロ、砂糖1キロです。

昨夏、大量に採れたキュウリを仕込んでいましたが、おいしくなくて困っていました。
先日、地域の集まりがあり、とても美味しい奈良漬をもってきた方がいたので、教えていただきました。
ありがとうございます。
この分量だと、粕床を舐めても甘くてとっても美味♪ 味見して酔っぱらいそうです(笑)
酒粕と砂糖を大量に買い込んで、昨夏の失敗作も全部漬け直してみました。

酒粕は、地元で人気の「東北泉」を使いました。大好きな遊佐町のお酒です。
美味しいお酒は酒粕も当然美味しいので、きっとおいしい奈良漬になるでしょう。
お正月には食べられるかな?待ち遠しい~。

紫蘇やカタウリ、他の野菜たちも、自分で育てて作りたいなあ。
近い将来の目標です。(*^^*)



スポンサーサイト



関連記事
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
07 09
プロフィール

ひか♪

Author:ひか♪

2012年秋、お蚕ちゃんに一目惚れ♪
2013年~ 養蚕農家さんへ弟子入り、
座繰り・真綿・和裁・草木染(真綿)・
機織・糸染(生糸)などなど

…MY SILK ROAD 模索中(迷走中?)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
検索フォーム