FC2ブログ

春蚕終わりました!

今年の春蚕も無事に終えることが出来ました。

キレイな繭でホッとしました。収量も多く、上々の出来です。

蔟を下ろしてから、2段階の選繭をしました。
自然光で見て不良繭や死骸、うろつきを取り除いて蔟を積んで置き、


翌日、電光器を使って選繭。

この作業は責任重大です。選繭の良し悪しが繭の成績、価格に響きます。
2日間、繭とにらめっこ。
ブルーベリーのサプリメントを飲んで、眼光鋭く(笑)、厳しく選別しました。

毛羽取り機にかけて繭を落とし、


外した蔟は次回に備えて蔟を組み立てながら、


まっ白の繭の山脈♪

前日に修理に出していた毛羽取り機が絶好調で予想以上に早くおわりました。

今回は、ねずみガードはありません。
おとうさんがにゃんこを信頼して、夜警をお願いしていました(笑)
にゃんこのお陰で、今回チュー害は一粒もナシ!


上蔟が始まってからは上蔟室に駐在し、周辺を巡回していました。
優秀な警備員です(=^x^=)

そして収繭


繭袋に詰めて

まるで乾燥繭のようなカラカラと乾いた良い音がして、おとうさんから笑みがこぼれます。

トラックに積んで、出荷。29袋できました。

(製糸工場へ同行しましたが、写真はありません)

午後から蚕室へ戻り、後片付けと藁蔟の収繭。

こちらもいい繭がたくさんとれました。

選繭時に処分されてしまう薄繭、もったいないとずっと思っていました。
今回、おとうさんにお願いして、中が蛹になっている薄繭は処分せずに分けました。

余計な手間をかけてしまって申し訳ありませんが、薄いだけでこんなにキレイな繭なんです。
煮る時間も短くて済むし、真綿にしようと思っています。

弱い繭は毛羽取り機にはかけられないので、手作業で毛羽をとります。
機械にかけると潰れてしまうからです。藁蔟の繭もいろいろなので、手作業でとります。
薄繭は蚕室で毛羽取り済み。

藁蔟の方の繭は、帰宅してから夜取りましたが、半分くらいで眠気に負けてしまいました(笑)


毛羽を取ったあとは、直ぐに煮るか、冷凍にします。
早くしないと蚕蛾が出てきてしまいます。急がないと!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

次の初秋蚕まで少しの間お休みです。
その間に繭の始末をしたいと思います。

春蚕の間に起こった面白い出来事もぼちぼち書いていこうと思います (*^^*)
スポンサーサイト



関連記事

焼酎を忍ばせ(笑)

春蚕期間中の出来事です。
始まってすぐ、こんなことになりました。

気がつくとゴム手袋がめくれていて、多分、毛虫に触れてしまったのだと思います。
痒くてさすっているうちに拡がってしまいました。
いつもはこの時期は毛虫は見かけないのですが、今年は出現が早く、数も多かった気がします。

何か薬をと思いましたが、養蚕中はなるべく化学薬品は使いたくないので、ネットで探してみました。
ドクダミの葉に痒み止め効果があると知り、つけてみると、たしかに痒みが和らぎました。

ちなみに、このカワイイお花には美肌効果があり、化粧水にできるらしいです。

他に、ヘビイチゴの実を焼酎に漬けたものが、毛虫刺されによく効く、という情報を見つけました。
ちょうど、かわいいヘビイチゴの実を見つけて気になっていたところで、ナイスタイミング!


さっそく、焼酎を入れた小瓶をお弁当バッグに忍ばせ(笑)
お昼休み、摘みにいきました。

使えるのは2週間置いてから、とのことでした。
その頃にはすっかり治っていたので、効果の検証はしてません。
今回はドクダミの葉でしのぎました。

約一ヶ月経って、こんな感じです。

イチゴの甘~い香りして、美味しそう(笑)
使う日が来ないことを祈りますが、来年も忘れずに作ろうと思います。

面白くなって、桑の実も漬けてみました。
今年は桑の実が大豊作で、雨が降らなくて実が落ちなかったので、長い間、甘くて大きな実を楽しめました。


焼酎に漬けた直後


現在

赤ワインでいうとロゼといった感じのキレイな色。
こちらは香りはいまいちですが、赤ワインと同じでポリフェノールが豊富とのこと。
滋養強壮によいでしょう、きっと。
毎年、1番キツイ時期に桑の実を食べて乗り切ってますから(笑)
飲めるのは半年後ぐらいかな?
楽しみです♪
関連記事

ひょっとしたら・・・?

先週のことです。
久しぶりに雨が降った翌日、畑が突然緑に覆われていました。
畑の邪魔者スベリヒユです。

この辺では『すべらんそう』と呼び、同じ山形県でも内陸の方では『ひょう』と呼ぶんです。

生を茹でておひたしにすると美味しいとおとうさんが言っていて、
後日、お弁当に入れてきて味見させてくれました。
想像していたより美味しくてちょっとビックリ。

早速わたしも取って帰りました。
穂先の柔らかいところだけを摘んでいき、茹でて、おひたしにしました。

クセがなく、若干ぬめりがあり、美味しい!
ツルムラサキに似てますが、こっちの方が好きかも。
雨上がりの若芽を摘んだからか、酸味がほとんどなかったです。

これのおかげかは定かではないですが、2~3日食べて体重が戻りました!
利尿作用があるらしく、体内の余計な水分が排出されたかな?と自己分析してます。
暑い暑いとガバガバ水物を取っていて、水太りだったのかも。浮腫がなくなりました。

すごいのは、オメガ3脂肪酸が豊富で、動脈硬化・心筋梗塞・高血圧予防とか、
花粉症などアレルギー症状の緩和とか、抗菌・解毒作用があり天然の抗生物質と呼ばれていたりなど、
とても優秀なお草さまみたいです(笑)
体重維持のために、時々おひたしにしていただいていますが、今のところリバウンドなしです。(^_^)v

数日たって、そろそろ片付けないと、と重い腰を上げ、ねこそぎ除草しました。

にゃんこが付き合ってくれました(=^x^=)

勿体無いので、キレイなものだけ寄せておき、おみやげにしました(笑)
干して保存食にすると昔から聞いていたので、試してみようと。

根を切って、よく水洗い


さっと茹でて、天日干し(この段階の写真を忘れてしまいました)
こんなになっちゃいました!カリカリです。

トタンなど金属にのせて、天気のいい日に一気に干す、とのこと。
トタンがないので、鍋の底と蓋を使いました。

紙袋に入れて保存します。
お正月に『ひょぅっとしたらいいことあるかも?』と縁起を担いで食べるのだそうです。
内陸の方からお聞きしました。
ちなみに、こちらで庄内は、受験などの時に「すべらんぞう」と縁起を担ぎます。
ダジャレ・・・?(笑)
言葉は違いますが、干して冬に食べるという点では一緒ですね。

夏の間は取っても取っても生えてくるので、夏バテ防止と、
養蚕の期間中の体力維持のために時々いただこうとと思います。(*^^*)

- - - - - - - - - - - - - -

熱い、と書いたほうがしっくりくるような日々です。
昨日はこちらも38度近くなりました。
今日も30度超えていますが、涼しいと感じる、暑さに麻痺してします。
皆さま、水分塩分補給、休息もしっかりとって、熱中症対策してくださいね。
関連記事

初秋蚕の準備

24日の配蚕に向けて、昨日今日の2日間、準備をしました。

蚕室内の不要な物を外に出し、履き掃除し水洗いしてから、蚕座の骨を組み、石灰消毒した幕をセット。
使用する道具類も洗って石灰消毒し、蚕室の中へ取り込んでおきます。
外は草取りをして土を水で流し地面も綺麗にします。

前回使ったものは消毒してからしまっているのですが、使う前に再度消毒。
蚕の病気は怖いので、念には念を入れて、徹底してやります。

特に初秋蚕は梅雨時期にもかかり、高温多湿で桑にも蚕にも病気が出やすくなるからです。
最後に蚕室の内外に消毒薬を散布して、準備OK!!

消毒薬のタンクに歴史を感じる表記がありました。

今回初めて気づきました。
そういえば、毛羽取り機にも書いてあったなぁ。
昭和55年なんて、ついこの間のような気がしますが、35年前ですか~。
多分おとうさんが養蚕を始めたころで、組合があるほど盛んだったことが想像できます。
今度、当時の話をじっくり聞いてみたいと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今日は34度、昨日は25度、10度近い温度差は堪えます~。
まだまだ暑い日が続きます。
皆さま、体調管理しっかりして乗り切りましょう!
関連記事

野菜カゴと大量キュウリ

実家の母が、畑へ行くときに使っているカゴ。
こんなカゴが欲しいなあとずっと思っていました。

だいぶ年季が入っています。
私が物心ついた頃からの記憶にあるので、かれこれ40年以上?現役です。
ビニール製(?)で丈夫で汚れてもじゃぶじゃぶ水洗いできます。

今月に入り、ブルーの可愛いカゴさんがわたしの元に。

恐らく、母のと同時期の物ですが、未使用品で、とっても綺麗。畑デビューを一瞬ためらいました。
母のカゴと同様、この先40年50年、野菜作りの相棒になってくれることと思います(笑)
カゴに負けないように健康で長持ちする身体をつくらなければ!

このカゴは、お世話になっている古道具屋さんのブログで見つけました。
青空古道具店さん (過去記事「古い座繰り器」もこちらで購入しました)
浜松で古道具屋さんと広島風お好み焼き屋さんを営んでらっしゃいます。美味しそう~。
ブログの写真で見ただけですが、レトロでいい雰囲気です。昭和好きには堪らないかも♪
娘が静岡にいるので、今度お好み焼き食べに行こうね!と話しています。
お近くの方、ぜひどうぞ♪

話を戻して、、、こんな感じで収穫。

一回の収穫にちょうどいい大きさです。
可愛いカゴを持って、畑へ行くのがますます楽しくなりました。

キュウリが次から次から取れるので、大量消費できる漬物づくりを試しています。
オススメはピクルス! 半日ぐらいから食べられます。
ピクルス液を作って、好みの野菜を入れるだけ、簡単おいしい!

キュウリ、コリンキー、セロリを入れました。これに赤のパプリカが入ると色鮮やかになります。
わたしは本当は酢のものが好きではないのですが、これはばくばく食べられます。
暑い日に身体が要求するのかな? 自分好みの味に出来るのも手作りのいいところです。

次は、長期保存がきく置き漬に初トライ。
まずは塩漬けして


水分の抜けたものをザラメと酢で漬けこみ

ザラメは3日めで溶け切りキュウリが泳ぐようになりました。
1週間後ぐらいから食べられて、半年ぐらい置けるとのこと。
それまでは確実に食べきると思いますが(笑)
一週間、毎日上下を返しながら、美味しそう~。明後日で一週間、ガマンガマン(笑)

昨日までに貯めていたのが2キロあったので、半分の1キロでキューちゃん漬けというのを仕込み中。
もう半分の1キロは酒粕漬にしようと思い塩漬け中です。

たった2本植えてこんなにとれると思わなかったし、食べ方もいろいろ知りました。
最近の我が家のきゅうり料理人気ナンバーワンは、「冷奴~キュウリとキムチを添えて~」
フレンチメニュー風に書いてみました(笑)
切って盛るだけなのに簡単激ウマ!お試しあれ~ (*^^*)

関連記事

濃霧の配蚕

夕方、10万頭のお蚕ちゃんたちが到着し、初秋蚕が始まりました。
雨と濃霧の中、ご苦労さまでした!
すぐに拡げます。

雨だけなら通風と換気のため窓は開けるのですが、今日は閉め切ったままです。
外は濃霧で真っ白、湿気が多すぎて、蚕座紙がふにゃふにゃになるほどでした。しかも気温も低い。
湿気と低温はお蚕ちゃんの敵ですから、暖房機を稼働させました。

今回は騙されませんよ~(笑)
まだ眠らずに食べている子がかなりみえました。
やっと少し分かるようになってきました。(^^)v

8割方眠ったところで石灰を振って食を止めるのですが、、、
まだ眠ってなくて石灰を振れないから、一回帰宅して、夜になってから様子を見に来る、
とおとうさんが言って本日は終了~。

毎回違って面白いですし、勉強になります。
なんでもそうですが、マニュアル通りにはいきませんね。
臨機応変に柔軟に、今回も頑張ります!

関連記事
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06 08
プロフィール

ひか♪

Author:ひか♪

2012年秋、お蚕ちゃんに一目惚れ♪
2013年~ 養蚕農家さんへ弟子入り、
座繰り・真綿・和裁・草木染(真綿)・
機織・糸染(生糸)などなど

…MY SILK ROAD 模索中(迷走中?)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
検索フォーム