FC2ブログ

鱈の子でカラスミ♪

スーパーで鮮魚コーナーをのぞいてみたら、鱈の子が値引きになっていました。
やばい!そろそろ終わり!?と慌ててカゴへ。

こちらで今が旬の「寒鱈鍋」に入れる真鱈の卵です。
この鱈の子は炒り煮にしたり、新鮮なうちにイクラのように醤油漬けにして、とっても美味しいんです。
(ちなみに明太子のタラコはスケソウダラの卵です)

昨年の2月末ごろ、こちらのブログ『徳床公太郎の夢日記』で鱈の子でカラスミが作れる事を知りました。
偶然にも同郷の方と知り、ブログにコメントすると、ブログオーナーのケジボンさんからアドバイスいただきました。
が、すでに鱈の季節は終わっていて入手できず(泣)

で、昨年12月初め、出初めの地物でもない、ちょっとお高い鱈の子をゲットし、さっそく試作。
2~3週間で食べられるとのことだったので、お正月用にと、早めに作ってみました。
そしてお正月、「カラスミ食べよ~♪」ってお酒も用意して、皆で一口かじってみたら、、、

まっっづ!! しょっぺ!! なまぐっせー!!
(訳: まずい!! しょっぱい!! 生臭い!!)

あとは誰も手を出さず、そのまま冷蔵庫内に放置。。。

そんな感じなので、スーパーで見つけた時も迷いましたが、
最初からうまくいくわけがない!やらないで後悔するよりもう一回やってみよう!とリベンジを決め、
失敗しても税込200円だし~(笑)と言い訳しながら購入。(ちなみに前回は同じ位の量で500円でした)

カラスミ=ボラの卵ですが、粒粒の小さい卵なら何でも作れるみたいです。
作り方はとっても簡単。
鱈の子を塩水でさっと洗い、水気をキッチンペーパーなどでしっかり取ります。

本当は、この黒い筋(血管)をつまようじなどを使って取り除くと生臭くならないらしいのですが、
袋を破ってしまいそうで怖いので、そのままです。

鱈の子と同量の塩でまんべんなく包むようにして3日~1週間ぐらい漬けます。

水分はまめに捨てながら、いい感じに締ってきたら、塩を洗い流し水分を拭き取ります。
同量の日本酒と焼酎を混ぜたものに一晩漬けて塩抜きします。
このあと天日干をします。10日~2週間位?
日照の少ないこちらでは、脱水シートで包んで重石をして冷蔵庫で2~3週間寝かせます。
わたしはキッチンペーパーで代用しました。

で、これが、冷蔵庫の中で忘れられていた自家製カラスミ。

味見してみたら、美味しくなっていました♪ 3週間プラス1ヶ月寝かせたことになります。
あのとげとげしたしょっぱさがま~るくなっています。捨てなくてよかったー(笑)

晴れ間が出ている間に陽に当ててみます。日差しが弱いので、ネットに入れずに。
今の時期はハエちゃんがいないので安心です。

これは、昨年11月に行った沼津港での一枚。

色もキレイ、太陽の光の恵みですね。

今日仕込んだものは3月に入れば天気も良くなり、日に干せると思います。
そろそろ終盤みたいで安くなっていたので、もう少し仕入れてこようかな。(*^^*)
スポンサーサイト



関連記事

小さな産直で

用事があり久しぶりに遊佐町へ。ついでにちょっと寄り道。
スーパーの中にあるクリーニング屋さんの、小さな産直スペース。
町内のおばあちゃん達が作った野菜や漬物、豆類、手作り小物などが並べてあるんです。
以前味噌造り用に買った大豆がとっても美味しかったので、それからこのお店のファンになりました。

パッと見、切り干し大根みたいなコレ、気になって仕方ないので買ってみました。
(写真撮る前に使ってしまいました、スミマセン)

干した白菜、150円。
「これ、どうやって食べるんですか?」と尋ねると、「お味噌汁なんかに入れていいんじゃない?」と。
早速その晩、じゃがいものお味噌汁の具に。
そのまま入れて、と言われましたが、カラカラに干されていたので、少し水で戻してから入れました。
戻すと大きくなることを忘れていて具だくさんになってしまいました。迂闊でした。
して、いざ、実食!

歯ごたえがシャキシャキして、甘みが濃くって、白菜じゃないみたい!ウマーーーい!!
これはスゴイ!白菜は毎年秋に沢山いただくので、干して保存出来るなら、年中食べることが出来るじゃない!
干すと栄養価も高くなるというし、こんなに美味しくなるなんて、夢の食材です!(大げさ~)

そこで試しに、家の白菜も干してみることに。
作り方がわからないので、とりあえずさっと洗い、中心に近い小さな葉なので洗濯ピンチで(笑)

こちらは冬季間の日照が少ないので、乾燥機を使って作ったのかもしれないな~、と思いながら。
でも2月も後半になるとだんだん天気も良くなるし、この辺は風が強く空気は乾燥気味、できるかも?

ついでに大根と人参もお試し。

切りながら、お蚕ちゃんのおかあさんを思い出しました。
秋に野菜をいただいた時、「干すとどんな野菜も美味しくなるからやってみれ」と言われたのでした。
その時はカボチャの話でしたが、白菜もやってるんじゃないかな?
おかあさんは町の産直の加工グループをやっていて、料理も上手、知識も豊富な方です。
今度お会いしたら、干し野菜の事もお聞きしてこようと思います。
関連記事

雨水にあやかり

今日は雨水、春はもうすぐですね。

『雨水の日におひなさまを出すと良縁に恵まれる』
という言い伝えがあることを知り、あやかりました~(*^^*)

我が家の秘蔵、こけし雛。カワイイでしょ?

20年位前に古物屋さんで一目惚れ。20年も経ったなんて~。

お顔がとっても優しいんです。

おひなさまも老けちゃって、頭が白っぽく・・・(涙)

裏にサインが。

いつか作者のかたにお会いするのが夢です。

そして、これは上の娘が生まれた時に、


これは下の娘の時に、

どちらもお顔が似ているのを選びました。
今となっても似ている感じ(笑)

こんなに早くおひなさまを出したのは初めてです。
年頃の娘が2人いるので切実なんです(笑)
まだ2人とも学生なので、ちょっと気が早い気もしますが、2人とも良縁に恵まれますように~。
おひなさま、どうかよろしくお願いいたします!!(*^^*)
関連記事

紅大豆と豆・豆・豆・・・

赤くて綺麗な「紅大豆」
今年はこの豆で味噌を仕込みました。




煮ると色が茶色になり、潰したら普通の大豆とそんなに変わらない感じに。
半年寝かせます。どんな味になるかな?楽しみです。

立派な「黒豆」 いただきものです。粒が大きくて立派!

丸々として美味しそうなので、煮豆にするか、味噌にするか、迷っています。

まっ白で大きな「白花豆」
毎年実家の母が煮たのをもらっていましたが、今年は自分で煮てみようと思い。



味はまあまあですが、イマイチの出来。リベンジ必至です。

お馴染みの「小豆」と「ささぎ豆」 


模様が入った「とら豆」と「うずら豆」 初めて見たので、干した白菜と一緒に買ってきました。 

どんな味かな? どうやって煮ようか思案中。

こんなにいろんな豆を集めたのは初めてです。
煮豆は難しいと思っていましたが、やってみると面白くて。
時間をかけてコトコトやるのが好きなのかも。
・・・本当は、豆は身体にいいというから、年のせいかも~(笑)

時々すごく上手く出来るのに、次覚えてなくて失敗を繰り返してしまうので(笑)
「豆ノート」を作って、記録することにしました。
「漬物・果実酒ノート」「味噌ノート」に続く我が家の秘伝帳です。
関連記事
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
01 03
プロフィール

ひか♪

Author:ひか♪

2012年秋、お蚕ちゃんに一目惚れ♪
2013年~ 養蚕農家さんへ弟子入り、
座繰り・真綿・和裁・草木染(真綿)・
機織・糸染(生糸)などなど

…MY SILK ROAD 模索中(迷走中?)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
検索フォーム