FC2ブログ

今日から9月なのでした!

朝一で、おちゃん達を拡げました。
頭数が多いところから、そおぅ~っと拾って、空いているところへヒュッ、ポイッ!!
の密度が同じぐらいになるように調整します。
201309-001.jpg
201309-002.jpg
このあとをやり、取りに行き、また次のやりの時に調整しました。
同じような絵になるので、写真は省略します。

畑では昨日とうって変わって、涼しい風が心地よかったです。(蚊・アブはまだいますけど~)
今日から9月なのでした!
9月になった途端、秋の風に変わったみたいです。

スポンサーサイト



関連記事

3齢の眠に入りました、順調です!

朝のやりのあと、午前中のうちにに入りました。
201309-003.jpg
立ち姿、キュートです♪♪♪

今回は、に入る過程を自分の目で確認することができました。感激!
をやりながら、あれ?食べないで葉の上でゆらゆらしてる?と思いました。
お父さんに、「ねぶりあんべでね?」(訳・に入りそうじゃないですか?)と何度か聞きましたが、
「まだ早ぇよ、休んでるだけだろ?」とお父さん。
光の関係か?窓側の達が、時々食べるのを休んだりして判断しずらいのでした。
「こないだはそれで騙されたからの」とお父さん。
前回、ったと思って石灰を振ったら、実はまだっていなくて、ということがありました。
前回の反省で、今回は遅いほうに合わせる方針で、予想では夕方なのでした。
201309-005.jpg
少しが足りなくなり、2人で取りに行き、戻ってきて、一緒にをやっていると、お父さんが、
「これはこれは、さ入った!」
をあげると、葉に上りますが食べません。
窓側だけでなく、室全体が葉に上っていました。
今回は足並みそろってます。
201309-004.jpg
ちなみに、、、
昨日の夕方はこんな感じでした。食べ残った茎の上にいるので真っ白です。
201309-006.jpg
さて、私も一緒に眠に入るとします。
たっぷり眠って、また明日からがんばります!
おやすみなさい♪

関連記事

怒涛の4齢スタート!

9月4日(昨日)
前の晩に石灰を振られて、真っ白です。午前8時の時点で、まだ半分ぐらい眠っていました。
201309-008.jpg 201309-009.jpg

起きるまでの間、午前中は、桑付け用の取り。
昼になってまだ起きていないので、午後からトウモロコシ畑で小動物除けのネットと電線張りのお手伝い。
201309-007.jpg 201309-011.jpg
最高気温34度! 秋になったと思ったのに、この夏一番のアツイ仕事になりました(笑)
ちなみに今日の最高気温は25度、暑いんだか寒いんだか何だかわからなくなってきました。

午後3時、9割方起きたとの判断で網をかけました。すぐに登ってきます。
201309-012.jpg 201309-013.jpg
201309-014.jpg 201309-015.jpg
そして桑付け。一日ぶりの食事、すぐに喰らいついています。

たちが上って来るのを待つ間、今度は夜の分のを取りに畑へ。
午後5時半、あらかた上ったところで、座を移します。
201309-016.jpg 201309-017.jpg
201309-018.jpg 201309-019.jpg
一網打尽です(笑)

新しい蚕座に移し、均等に広げたところでをあげて、この日の作業は終了。午後8時半でした。
201309-020.jpg 201309-021.jpg


そして9月5日(今日)
座に残ったお(通称・おくれこ)を拾うため、昨日の座に再度網をかけて桑をやります。
201309-026.jpg 201309-027.jpg
おくれこちゃん達が上ってくるまで、おさんたちに桑やり。
そして、おくれこちゃん達を一つの座に集めます。
終わった蚕座を片付け、新しい蚕座を準備、蚕座紙を敷きます。(ここまでの写真忘れてしまいました)

スペースができたところで、お蚕さんたちを広げます。
混み混みの状態から、半分を新しい座に移します。もちろん目分です。
201309-022.jpg 201309-025.jpg
201309-023.jpg 201309-024.jpg
この時の目分量を誤ってしまうと蚕座毎の頭数にばらつきができてしまい、後の桑やりが大変になります。
神経を使うこの作業が終わると一安心です。


関連記事

白と黒

朝、蚕室に入ると、おちゃん達に朝のあいさつ。(声にはだしませんが)
ぐるりと一回り見てまわります。
ふと蚕座の中を覗き見ると、白いに混じって黒いが。動きません。
が死んでる!黒くなって!病気かも!」と叫んでました。
初秋蚕上蔟の時の黒く腐った蚕が頭をよぎり、触ることができません。
見に来たお父さんに、「これ!なんか変だよ!」と指さしました。
するとお父さん、ひょいっと摘みあげて。

・・・あれ?動いてる?生きてる!・・・

そして、お父さん一言「クワコでねぇが?」

***大爆笑***

201309-029.jpg
201309-030.jpg

かわいいクワコちゃんを病死体と間違えた罰として、今日一日、
「地獄の桑やりエンドレス」の刑に処されました。

・・・というのは冗談で。
多分お父さん私を気遣って、桑切りでなく桑やりをさせてくれたのだと思います。
いつもは、桑やりのあとは桑切りです。
ヘンなことを言ったので、相当疲れていると思ったのでしょうか。
疲れてなくはないですが、そこまでではないです。ボケてただけです(笑)
ご心配おかけしてすみません。ありがとうございました。

昨日とった桑は濡れているから、乾かしながら薄く桑をあげるように言われました、なるほど~。
順番に桑をやっていくと、最後の蚕座が終わるころには、最初の蚕座は真っ白です。
一巡したら、また最初の蚕座から白くなったところに桑を足していきます。
そしてまた一巡すると、最初の蚕座はまた真っ白に。エンドレスです(笑)

エンドレスとはいっても、結局午前中は2回、午後は2回と半分。
薄くあげたので、桑の量としてはどうだったのかな?
そのあと、夜にお父さんがたっぷりあげます。

朝から夕までずーっと桑やりしたので、お陰で少し上手になった気がします。
スピードもついてきたみたい。
そして今日は、お父さんに早く帰れ帰れと促され、早く帰りました。
ほんとうにご心配おかけして申し訳ありません。。。

関連記事

あっという間に4齢の眠

今日の昼過ぎから徐々に眠り始めました。
「座布団いっぱい敷いた、十分だ」とお父さん。
201309-032.jpg
今回も、桑やりをしながら、眠に入っていく様子を観察することができました。
たっぷり食べて眠たい子と、もっと食べたい子の見分けかたも、だんだんわかるようになりました。

そして、もう一つ。
足場の糸をあちこちで見ることができました。
201309-033.jpg

201309-034.jpg
繭組まないよね?と思うほどのしっかりした足場もありました。

クワコちゃんも、今朝から桑を食べなくなりました。一緒なのかな?
201309-035.jpg
実は前回のクワコちゃん、お盆休みの間に、ゴミと間違えられて処分されてしまいました(泣)
今回は、最後まで見届けたいと思います。

関連記事

起きましたー、今日から5齢

起きましたー。
201309-036.jpg
昨日は眠で休みでした。
お父さんが石灰を振りました。
眠の時の石灰は、を乾燥させ、食べられないようにするために使います。
そのタイミングを見極めるのがとても難しいのです。お父さんにしかできません。
早く眠ったに合わせてしまうと、遅いを食べる量が少なくなるし、
遅いに合わせてしまうと、早いが起きてを食べ始めてしまいます。
どちらも、の成長に幅ができてしまいます。
わたしは、今年3回やって、やっと今、眠ったとまだ眠っていない蚕、起きた蚕とまだ眠っている蚕、
その違いが、少しだけわかってきたような感じです。

これは、目覚めの石灰。消毒用です。
201309-037.jpg 201309-039.jpg

網をかけるとすぐ上ってきます。そして付け。ガツガツ喰ってます(笑)
201309-040.jpg 201309-041.jpg

隣の蚕室へ運んで、均等に振り分け、お父さんが調整します。
201309-042.jpg 201309-043.jpg

2倍ぐらいに拡げました。
201309-044.jpg
これで半分です。残りの半分は明日です。



・・・オマケ・・・
201309-045.jpg 201309-046.jpg
クワコちゃんもガツガツ(笑) 抜け殻もありました。

関連記事

シントメタマバエ

お昼休みに桑畑まで散歩しました。
201309-048.jpg
(注)『さわるな 危険』はカモシカ除けの電気柵です。

お父さんが話していた「シントメタマバエ」の被害を見てきました。
芯が喰われて?成長点が止まってしまい、の丈が伸びなくなってしまう害虫被害です。
201309-047.jpg

1本だけピョーンと出ている、多分これは被害のない正常なです。
本来なら、すべてのがこのくらいの高さになるはずでした。
201309-050.jpg
これだけ高さが違えば、の収量が相当減ってしまいます。
ただでさえ、長雨で桑の生育が悪かったのに、ダブルパンチです。

そして、芯がとめられた桑は、脇芽?が伸びてきて、こんな形になります。
穂先が箒の形になり、そこだけ葉が込み合うので、桑やりの時、そこだけ厚くなって困ります。
201309-049.jpg
昨年も一昨年も「シントメタマバエ」の被害はなかったので、油断してしまった、とお父さん。
おそらく、7月の長雨で大発生したのだろう、とのことです。
今年はいろんな虫が大発生しているみたいで、畑の被害も大きいみたいです。

さて、おくれこちゃん達を拾っていると、脱皮途中のがチラホラ見えました。
201309-051.jpg 201309-052.jpg
左が脱皮途中、右が脱がせたものです。
お尻が赤くなっているのは、皮の色が移ったのかな?問題ないみたいです。
だいぶうまく脱がせられるようになりました。
元気に育ってほしいです。

今日は午前中に残りの半分に桑付けして、別の蚕室に移動、
午後からは、2回目の網をかけて、おくれこちゃん達を拾い上げ、別の座へ移動しました。
全ての作業が終わって、ほっとするのもつかの間、おちゃんたちがお腹を空かせて待っています。

これは、残りの半分を移動した蚕室
お父さんには帰れ帰れと言われましたが、夜の桑やりを手伝いました。
夜の桑やりは、隣の列でお父さんがやるのを見て真似ながらできるので、とても勉強になります。
日中の桑やりは2人1組でやるので、遅い私はついていくのに精いっぱいで見る余裕がありません。
201309-053.jpg
お父さんが2列する間に私は1列、ほぼ同時に終わります。
スピードアップが課題です。

関連記事

いっぷぐのお楽しみ♪

201309-054.jpg
いっぷぐ(=一服?、休憩時間のことです)のお楽しみは・・・

『おちゃんを探せ!!』(笑)
201309-055.jpg
座の移動の時に使った網です。
何度見ても、居残りのおちゃんが出てきます。
昨日8頭、今日のお昼休みに5頭救出しました。

いましたいました!
201309-056.jpg 201309-057.jpg
ここにも!!
201309-058.jpg
このときは3時の休憩、5頭保護しました。

真ん中の小っこいのがそうです。
左上のやや小さいのは多分お昼に保護した子。
一食毎に大きくなるのが分かります。
201309-059.jpg
桑を食べ大きくなるほど、白くなっていきます。
今はこんなに違いますが、すぐに追いつきます。

この一列全部おくれこちゃんです。
201309-060.jpg
手前側がおくれこおくれこ、最後の最後に拾った子達のエリアです。
写真の子たちも手前の端っこに入れました。
いっぱい食べて、早く追いつけー!



関連記事

嵐の桑畑

午前中は小降りでしたが、昼からザアザア、風も出てきました。
今が盛食期なので、雨が降ろうが槍が降ろうが切りは休めません。
昨日も今日も一日中切り。
が荒れ狂っています。
201309-061.jpg
合羽を着て雨の切り、嫌いじゃありません、蚊もいないし。
ずっと降りやまないので、合羽が浸みて、中の服も濡れて体を冷やしました。
一昨日とても暑かったので、昨日は雨に濡れても「冷たくて気持ちいい~」なんて、
呑気なことを言っていましたが、さすがに今日は冷たかったです。
暑いよりは体はずっと楽ですが、雨はおちゃん達にはあまり良くありません。
出来ればあげたくありませんが、そういうわけにもいかず。

まだまだモリモリ食べます。ぷくぷくしてきました。
201309-064.jpg
台風一過、さっき雨も止んだので、明日は乾いたをあげられると思います。

でもまさか、台風の大雨の中、合羽を着て外仕事だなんて。
以前のわたしならあり得ないことです。
今のわたしは『おちゃんのためならエンヤコラ!』なのです。

さてさて、今日は暖かくして早く寝るとします。
おやすみなさい。


関連記事

上蔟の前日

桑畑からの風景。
昨日とはうって変わっての秋晴れ。
201309-065.jpg
秋の風がひんやり、切りも心地よく。

上蔟の準備。
座に網をかけ、その上にを置き、おたちをおびきだします(笑)
201309-066.jpg

上蔟室ではを組立て。
201309-067.jpg

三眠蚕を探しましたが、これは三眠蚕
熟蚕のようです。見つけてはに入れました。
201309-068.jpg 201309-069.jpg
今回のおちゃん達、いつもより大きいみたい。コロコロしています。
いよいよ明日、上蔟です。

関連記事

上蔟初日

上蔟が始まりました。
201309-070.jpg
切り、運び、やり、拾い、、、忙しく、充実した、至福の一日でした。

昨日拾ったおちゃん達、を組み始めました。
201309-071.jpg
続きはまた明日。


関連記事

月夜の上蔟

昨日をふりこんだを吊るしました。
201309-072.jpg

蚕室から運んだおちゃんを計量して、お父さんがへふりこみます。
201309-075.jpg 201309-076.jpg
201309-077.jpg
今日ふりこんだは明日吊るします。

蚕室の山側では丁度月がのぼって来ました。海側を見るとトワイライト。
201309-073.jpg 201309-074.jpg
今日は中秋の名月。月光を浴びて、いい繭になあれ。

関連記事

上蔟終了~

上蔟作業がほぼ終了しました。
201309-078.jpg
あと少し、蚕座の中で救助を待っているコたちを、片付けをしながら拾います。

上蔟室の裏側に回ってみると、一番早いがもうこんなになっていました。
201309-085.jpg
が大きくて、春に負けないぐらいの出来になりそうです。
これを見た時は、疲れも吹っ飛びました。

朝から、上蔟室と室、二手に分かれて作業していました。
お父さんとわたしは上蔟室でを吊るし、他の3人は室で蚕座の片付け。
蔟を吊るし終わってから、蚕座の片付けに加勢しました。
201309-083.jpg
明日ですべて終わると思います。

早い方の蚕室がきれいに片付いていました。
毎年お手伝いされている方々なので、手馴れていて仕事がとても早いです。
わたしもそうなれるかな?
201309-086.jpg

・・・と思いながらも、わたしは蚕座に組まれたを拾わずにいられません。
そんなことをしているから仕事が遅いのです。
201309-087.jpg
左の小さいのが三眠蚕、右が通常のです。
三眠蚕はほぼ出来上がっていますが、通常のは見てわかる通り、まだ組んでいる途中です。
薄くて柔らかいので、ダメージを与えないように、枝つきのまま拾いました。
耳を近づけると、を作っている音が聞こえます。

さて、クワコちゃん。
昨日逃げて、糸を出し始めたので、昨日の帰りに蔟に入れてみました。
黄色の繭です!
201309-081.jpg 201309-082.jpg
実はクワコではなく、蚕の種類じゃないか、という疑惑が。
おとうさん、昔こんな蚕を見たような気がするのだそうです。
真相やいかに。

関連記事

後片付け!

今日も上蔟室蚕室、二手に分かれて後片付け。
お父さんとわたしは上蔟室で、の尿受けの撤収&洗浄をしました。
お父さんが、についた糞やごみ、死骸を取り除き、尿受けを外します。
201309-088.jpg 201309-089.jpg

そして、オシッコをバケツにあけて、わたしがブラシでこすって洗います。
201309-091.jpg 201309-092.jpg

洗いながら見える風景。白いがぎっしり詰まっています。
201309-093.jpg
片付けが無事終了したので、明日からかきまで数日休みです。
お父さんは明日から稲刈りだそうです。ご苦労様です。

<オマケ>
昨日                     今日
201309-095.jpg 201309-094.jpg
ネズミにやられてしまいました。
黄色もやられてました。
憎っくきネズミ、ひかちゃん連れていけばよかったかなあ。
・・・ひかちゃんネズミは捕らないだろうな~。



関連記事

天蚕様ですか???

先日の片付けが終わった後、少し時間があったので、を片付けていました。
毛羽がたくさんついたは、後でまとめて毛羽を焼くので、袋に入れて置くように指示されていました。
入れ終わって、袋を運んでいると、中に何かがいました。
「げっ!っ!!」
201309-099.jpg
・・・初めはそう思いましたが、卵の形を見て、もしかして、天蚕様?
だと思うと「げっ」なのに、天蚕だと思うと、「様」をつけてしまいます。
差別してはいけませんね。どちらもおなじ大切ないのち。

お父さんを呼んで、「卵ここで孵ったらどうする?」と慌てて言いました。
「春まで孵らねがら大丈夫だ」と言われ、ああそっか、と一安心。
「もしかして天蚕だが?」と聞くと、
幼虫とは見たことあるけど、は飛んで行って見たことないからわからない、とお父さん。
そっか、そうだよね。

そういえば、上が始まった日の夜、上蔟室にいた、このかな?
通り道にいて、そばを歩いても動かないので、お父さんが
「よっぽどここが気に入ったんだの」と笑ってまたいで歩いていました。
羽幅15cmぐらいかな、大きくて貫禄がありました。
近づいてもバタバタ騒がないので、ゆっくり写真を撮ることができました。
201309-096.jpg
201309-097.jpg
天蚕なら、来春、クヌギか栗の木に卵をつけてあげたいな。
木を網で囲って観察しようかな。
またお父さんに焼かれてしまわないように、お願いしなきゃ。
・・・などと、いろんなことを考えています。
とりあえず、周辺の木にこのさんのを探さなきゃ!

関連記事

容疑者発見!

お昼休みに、天蚕出殻繭を探していると、視界の奥で白いものが動きました。
201309-103.jpg
201309-100.jpg
カモシカだ!
やっぱり桑畑の中にいた!!
白昼堂々、を食べています。

5齢の終盤の切りの時の写真です。
葉は食べられ、枝は踏み倒され、桑畑が荒らされていました。
201309-102.jpg
この横には糞もあり、お父さんと「桑畑の中さ住んでるみたいだの」と話していたのです。

畑へ見に行ってみると、出入り口の電線の下の1本が切られていて、ウェルカム状態でした。
カモシカは子どもで、真ん中と下の線の間をスルリとすり抜けて逃げて行ったそうです。
これでは電気柵の意味がありません。
対策を考えないと。

今日から選繭作業が始まりました。
201309-104.jpg
つづく・・・

関連記事

繭、繭、繭

いろんながありました。
201309-107.jpg
四角(笑)

201309-108.jpg
特大

201309-109.jpg
板繭

さて、仕事に戻り、
枠から外したを、一枚一枚、目視で簡単にチェックします。
201309-105.jpg

昨日今日で全部終わりました。
計算が間違っていなければ、1600枚近くあります。
201309-106.jpg

あとは、おとうさんの厳しい目でチェックします。
201309-111.jpg

今日と明日の2日間で、全部おとうさん一人で見ます。
ものすごい集中力で。
201309-112.jpg

帰り道、山を下りながら一瞬見える絶景。
ここ遊佐町は日本海に沈む夕日がとても綺麗なんです。
201309-113.jpg
秋の夕日にススキが揺れています。
風は冷たいけど、心はほっこり。 (*^^*)

関連記事

休日の畑

今日は休みだったので、久しぶりにちょっとだけ畑仕事。
ここは、主人の父の畑。
父は今年の5月に心筋梗塞で倒れ、大好きな畑仕事ができなくなってしまいました。
倒れる前に、さやえんどう、トマト、枝豆などを頑張って植えてありました。
入院中「わたしが畑を見ます」宣言をし、買ってあった苗(ナスやサツマイモ、里いもなど)を植えましたが、
すぐに養蚕が始まって余裕がなくなり、隣の畑の実家の両親に任せっきりでした。

偶然実家の両親が畑に来ていたので、教えてもらいながら、わたしも掘ってみました。
サツマイモ掘り初体験。
201309-117.jpg

里いもも初体験。(写っているのは実家の母です)
201309-119.jpg
掘り方を教えてもらったので、次からは一人で掘ります。

先日撒いた小松菜の芽が出ていました。
201309-116.jpg
今日は水やりだけのつもりで行ったのに、大収穫でした。
主人の父に届けると、とても喜んでいました。
さっそく芋煮の準備をしていました。

父は順調に回復して、来年、畑仕事ができるように、リハビリに励んでいます。
今まで嫌いだった畑仕事でしたが、最近は、ちょっと楽しくなってきました。


関連記事

収繭上々♪

いよいよ収繭。
見てください!いい繭でしょ。
心配した浸みもほとんど見当たらず、上々の出来だと皆で喜んでいます。
201309-120.jpg
ここしばらくお天気続きで、空気が乾燥しているのが良かったみたいです。

朝から夕方までびっちりかかりました。
先日、1600枚と書きましたが、計算間違い、1800枚ぐらいありました。
201309-121.jpg
「まゆエース」で毛羽を取り、蔟を片付け、毛羽を袋に詰め、掃き掃除。

毛羽がとれてきれいになった繭は重さを量って山にします。
このコンテナで蔟35枚分、おおよそ6.5キロだそうです。
201309-122.jpg 201309-123.jpg
201309-124.jpg
全部で300キロぐらいになりそうです。

蔟から外れてしまった繭には「バラまゆ案内板」を使います。
201309-125.jpg 201309-126.jpg
初めて見ました「バラまゆ案内板」
言葉の響きが『水先案内人』みたいで、一人でウケていました。

バラ繭はちょっと心配なので、おとうさんが再チェック。
201309-127.jpg
最後の最後まで大切に繭を見るおとうさん。
悪くない、と微笑みながら見ていました。

毛羽を焼くところを見せてもらいました。
「シルクは燃えない」と以前聞いたことがあり、確かめたかったのです。
201309-128.jpg 201309-129.jpg
毛羽を入れると、一瞬炎が抑えられるように見えました。
「他の繊維よりは燃えにくいかもの」とおとうさん。
「シルクは燃えない」ではなく、「燃えにくい」かもしれません。

いよいよ明日出荷。
同行させていただきます。
楽しみです♪

関連記事

繭出荷と稲刈り

いよいよ出荷です。
天気も良く、今年初めてシートをかけずに運べました。
201309-130.png
3度目で要領を得てきたので、ほとんど私が積みました。
おとうさんが修正中です。

蚕室を後にします。今までありがとう。
201309-131.jpg
そして念願の出荷同行、ドキドキしました。

30分のドライブで、製糸工場へ到着、そして無事搬入。
これで今年の養蚕は終了です。
計量の結果は、300キロ超でした。
繭袋で22袋あります。
201309-134.jpg
上繭だ、と評判でした。
おとうさんの繭は、どうやら山形県でトップの上繭のようです。
県の指導員の方や製糸工場の方のお話が、色々詳しく楽しかったです。
個人でも見学できるとのことなので、近いうちに見学させていただこうと思います。

さて、午後から稲刈り初体験。秋風が気持ちよかったです。
201309-136.jpg

春に田植えを手伝った田んぼなので、気になっていました。
201309-137.jpg
自然乾燥させるとのことなので、後日見に行きたいと思います。

関連記事
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
08 10
プロフィール

ひか♪

Author:ひか♪

2012年秋、お蚕ちゃんに一目惚れ♪
2013年~ 養蚕農家さんへ弟子入り、
座繰り・真綿・和裁・草木染(真綿)・
機織・糸染(生糸)などなど

…MY SILK ROAD 模索中(迷走中?)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
検索フォーム