FC2ブログ

暑中お見舞い申し上げます。

今日から8月。
201308-001.jpg
お世話になっている方々に先日出しました。
いつもご覧になってくださる皆様にも、
この場を借りて、暑中お見舞い申し上げます。

昨日までは雨。
濡れ桑はなるべくあげたくありません。
雨が止んだ時には、こうやって水を切り、乾かしました。
201308-003.jpg
2mぐらいあります。
ここから若い枝を外して束にします。

今日は午後から晴れてきました。
枝外しの様子、天気がいい時は外で作業します。
久しぶりの乾いた風が心地いい♪
梅雨、明けたかな?
201308-002.jpg
晴れの日の外仕事には「はんこたんな」
庄内の伝統的農業用コスチュームです。
山形県内ではひそかに人気復活中みたい。
暑苦しそうに見えますが、手ぬぐいが意外に涼しいんですよ♪
汗はすぐ吸収されるし、蚊にも刺されず、日焼けも防止、いいことずくし。
やっと一人で付けれるようになりましたが、まだ崩れています。

さて、お蚕ちゃん。
葉っぱの上で得意のポーズ♪
201308-004.jpg
体長5cmぐらいになりました。
明日、眠に入りそうです。

スポンサーサイト



関連記事

5齢の騒動

5齢の眠の様子です。
予定より半日遅れて2日の夕方眠に入りました。
201308-006.jpg
そして翌日(3日)、朝から準備をしていましたが、昼になってもぐっすりで。
夕方にやっと起き始めました。
それから網をかけて桑をやり、網の上に上らせて隣の蚕室へ移動、2倍に拡げます。
ところが!!
どうやら、起きたものと、まだ眠っているもの混在してしまったらしく!
お父さん頭を抱えていました。

私には起きたものと眠っているものをまだうまく見分けることはできません。
ただ、脱皮の途中で桑に上ってしまい、足場を失って脱ぎ切れていないものがチラホラ。
これはわかります。
201308-007.jpg 201308-008.jpg
お父さんに見せると、こうやって脱がせてあげるんだよ、と。
唾液を垂らした指先で、優しくこすって皮をめくりながら脱がせてあげていました。
私もチャレンジしてみました、どきどきしながら。
何度かやっているうちに、上手く脱がせられたかな?と思えるようになりました。

この日は結局3列あるうちの1列だけで作業を中断、翌日まで待つことにしました。
翌日(4日)には、ほぼ脱皮も終えていて、無事に拡座を終えました。

そして、その翌日5日、蚕座の片付け。
取り残されているお蚕ちゃんたちを拾いながら、座に残った桑の枝・茎を専用の粉砕機で、砕いて軽トラに。
座を解体し、幕のごみを払います。
201308-009.jpg
食べこぼした葉のくずや、糞、死骸、石灰も混ざっています。
これにあとで糠を混ぜて熟成させ、堆肥にするそうです。
そういえば、上族の時の蚕のおしっこも、タンクに入れて肥料にすると言っていました。
循環型農業を自然に実践しているお父さん、理想です。

さて今日。
移動に使った網と、4齢で使っていた蚕座の幕を消毒のため石灰液に浸そうと、網をどけたら・・・
また取り残されっ子が!
よく探したら2頭も!!
201308-010.jpg
何度も確認したはずなのに、、、本当にごめんなさい!!
急いでおくれこエリアに連れていきました。

すぐに葉に喰いついていました。
201308-011.jpg
いっぱい食べて早く追いつけ~!

色々騒動がありましたが、今は桑が足りなくなる心配が出てきたほど、モリモリ食べて大きく成長しています。


関連記事

桑刈り機と三眠蚕

久しぶりの桑刈り機出動♪
201308-012.jpg
昨日までは蚊の大群に耐えながらの手刈りでした。
先月の大雨で、枝が倒れてしまい、機械刈りができなかったのだそうです。

蚕室から見えるこの畑、実は、晩秋蚕用の桑畑
6月の高温と干ばつ、7月の長雨の影響か、の生育が悪く、例年より20cmも短いのだそうです。
そのせいで、初秋蚕用の桑畑では足りなくなってしまいました。
このまま丈が短いままだと、晩秋蚕も足りなくなり、来年の春蚕の畑にも食い込んでしまいます。
これから好天が続き、が成長してくれることを願うのみです。

5齢5日目、体長8cmぐらいになりました。
休みなく食べ続けます。
201308-013.jpg
手刈りではおちゃんの食欲に追いつけなくなっていました。
ちょうどいいタイミングなのかも。

桑刈りの時、お父さんが蚊よけに首にまいていた手ぬぐい。
豆絞りだとばっかり思っていたら、、、
「株式会社 松岡製絲所」
超レアものです。(現在は「(株)松岡」です)
201308-014.jpg
お父さんの養蚕の歴史を物語ってます。

桑やりをしながら見つけた、飴色の三眠蚕ちゃん。カワイイ♪
通常、蚕は4回脱皮をするのですが、3回の脱皮で繭を組むので、2回りか3回り小ぶりです。
201308-015.jpg
蚕座の桑の葉に足場をかけ始めていたところを保護しました。
そのまま座に繭を組んでしまうと、処分されてしまいます。

今日は3頭見つけました。
蔟に入れるとすぐに繭を組み始めました。
三眠蚕は通常の蚕より2日早いのだそうです。
予定通りみたいです、よかった。
201308-016.jpg
明朝、早く行って、探そうと思います!

関連記事

上蔟が始まりました。

今日から上蔟が始まりました。
201308-017.jpg
6列あるうち、1列と半分を条払いして上蔟室へ運びました。
残りは明日です。

三眠蚕も今日まで15頭見つけました。
201308-019.jpg
蔟に入れるとすぐに繭を組み始めました。

すでに蚕座に組んであった繭5個。
まだ糸を吐いている途中のものもあります。
201308-020.jpg
本当は繭が硬くなってからにすればよいのですが、
蚕座の片付けは忙しく余裕がありません。
今なら座に取り残されたお蚕と一緒に探せます。

そして、桑蚕(くわこ)ちゃん。カワイイ♪
何かの顔に似ている気がするのですが、、、
201308-018.jpg
座にしがみついていたのを保護しました。
白いお蚕に混じるとやはり処分されてしまうので、隔離して桑をあげています。
繭を作って羽化するまでを見届けたいと思いますが、叶わないときには桑畑へ返すつもり。


関連記事

上蔟終わってお盆休み!

昨日の夕方。
早い分だけ吊るしました。
201308-021.jpg
お蚕ちゃんたちが一生懸命蔟に上っているの、見えますか?

そして今日一日かかって、全部吊るしました。
遅れるのを心配していましたが、上族のタイミングよかったみたいです。
201308-022.jpg
そして、蚕座の片付けと掃除もギリギリ終わりました。

一番早いものは、キレイに繭になっています。
201308-023.jpg
雨降り続きの割には、繭の出来は良いみたい。

そして、今朝のくわこちゃん。
妙に頭でっかちになっていてビックリ。
イヤイヤ~という風に頭を振るのが可愛らしくて。
201308-024.jpg
葉っぱから離れて新聞紙の端のほうへ寄っていたので、もしかして、と思い、
端を少し折って、桑の葉や茎などをかぶせて様子を見てみると、

繭を組み始めていました! ヤッター!
201308-025.jpg
動かさないように、そのまま倉庫の片隅に。
もし今日も桑を食べるようだったら、桑畑へ返しに行くつもりでした。
これで安心して明日からお盆休みがとれます。

ここ数日、気温も湿度も高く、汗だくで、もうヘロヘロ。
繭はずしまでの3日間、しっかり休養と栄養をとりたいと思います。

関連記事

ゆかた姿の娘たち

お蚕の話はちょっと一休みして。

先週の花火大会の日の、ゆかた姿の娘たちです。
左が下、右が上の娘です。
yukata-m.png  yukata-o.png
下の娘の浴衣を探していて偶然通りかかった、地元の山本呉服店さんで誂えました。
あまりに素敵な柄がたくさんで迷ってしまい、地元を離れているお姉ちゃんの分も一緒に。
とても素敵なおばあちゃまと旦那さまにアドバイスいただきながら、2人それぞれ似合いそうな柄を選びました。
仕立て上がってきたら、反物で見たのとイメージが変わって想像以上に素敵でビックリ!

「既成のものと違って、プリントでなく染めてあるから裏もきれいだし、手縫いはミシン縫いと違って洗っても型が崩れない。流行柄と違って飽きが来ないから、いいものは長く着れるわよ」といわれました。
そして、仕立て代は負けられないけど、反物代は勉強しますよ、と、とってもよくしていただきました。
着方もたたみ方も丁寧に教えていただき、虫よけのウコンの風呂敷に包んでくださって。
着物のことを何にも知らなく、ちょっと恥ずかしかったです。
何から何までとてもよくしていただき、ありがとうございました。

残念なのは、浴衣が仕上がってから帯選びが間に合わなくて、元々持っていた幼いワンタッチ帯なこと。
来年までには、それぞれ浴衣に合う帯を選んであげたいと思っています。

下の娘は自分で着て、お友達のお母さんに直してもらい、
上の娘はアパートの大家さんに頼んで着せてもらったそうです。
娘がいる母親なら、着付けぐらいは身だしなみかしら?
突然頼まれたのに、こんなにキレイに着せてもらって、本当にありがとうございました。

養蚕のシーズンが終わったら、着付け教室に通おうか検討中。
娘の着付けと、自分でも着れるようになれたらいいな、と夢見ています。
絹にかかわる者として、着物の良さを知らないといけないかな、と思い始めています。

関連記事

3日ぶりの上蔟室

3日ぶりです。真っ白です。
201308-026.jpg
3日間たっぷり休養させていただきました。ありがとうございます。

を下ろし、枠から外して、繭はずしの前準備。
201308-027.jpg
これから一枚ずつ目視で不良繭を取り除きます。

こんなのがありました。
夜逃げしたもの(どこ行ったの?)    ルームシェアしてるもの(仲良しですね!)
201308-028.jpg 201308-029.jpg

そして、気になる桑蚕ちゃん。
201308-030.jpg
新聞の隙間に、しっかり黄色い繭
はずして見たいところですが、このままそっとしておきます。
さんにもあえるといいな。

関連記事

選繭と出荷

選繭作業中の様子です。
左側の山は、目視で不良繭を取り除いた
右側は、の下からライトを当てて、チェックしたもの。
201308-031.jpg
大事なチェックですので、今まではお父さん一人で全部やっていましたが、

今回は、私もお手伝いさせていただきました。
理由は後述。
201308-032.jpg
見落としがないか、責任重大、緊張しながらの作業。
このあと、全自動収繭毛羽取機「まゆエース」にかけて、からをはずし、毛羽が取り除かれました。

そして、今朝の様子、鼠除けもバッチリ。
よく見ると隙間が空いています。
実はこの隙間、お父さんの作戦。
を下してから2日間とも、鼠の食害にあっていました。
それで、わざと入口を作り、そこに「ぺったんこ」を置いて。
作戦成功、見事、大物がかかっていました。
201308-033.jpg 201308-035.jpg
そして、繭袋に繭を詰めました。15袋できました。
前回は見学させてだけさせていただきましたが、今回はお手伝いを頼まれました。
今回、繭の出来があまり良くなく、お父さんひとりでは間に合わないのでした。

時間が経つにつれ、繭の中からシミ出てきます。
軟化病という病気ではないかと思います。
201308-034.jpg
この初秋蚕の期間中は毎日雨で高温多湿、カラッとした日がほとんどありませんでした。
天候のせいだとわたしは思いますが、お父さんは、
気候のせいなのか、人為的なものか、原因がわからないから、次に気を付けようがない、
春蚕が良すぎたから、油断してしまったかもしれない、と嘆いていました。

さて、繭袋をトラックに積んで、シートをかけて、出荷。
今日も雨、今回の初秋蚕は最後まで雨でした。
201308-036.jpg
同行させていただく予定でしたが、数日前から体調がすぐれなかったので断念しました。
次の晩秋蚕の出荷には絶対同行させてくださいねと、お願いして。
いってらっしゃい、と手を振って見送りました。

熱帯夜で寝不足も続いていたので、軽い熱中症か、エアコンの使い過ぎで風邪をひいたか。
30日の配蚕まで体調をもどさなきゃ。少し休みます。

関連記事

遅い夏休み ~ 南東北グルメ満喫♪ ~

家族3人やっと休みが合いました。
日本海側から太平洋側へ横断して、南東北グルメドライブ。
山形~宮城~福島~山形と巡りました。

まずは、8月いっぱいということで、うに丼食べおさめに、南三陸さんさん商店街へ。
201308-037.jpg
豊楽食堂さん、すごいボリューム!丼からあふれてました。
お腹いっぱい!美味しかったです。ごちそうさまでした♪
付け合わせの焼きそばも美味しかったです。

家族みんな果物の中で桃が一番好きなのに、なぜか桃狩りしてなかったんです。
というわけで、高速で福島に入り、初・桃狩り。
ふくしまフルーツラインの服部果樹園さん、個性的な看板が目印です。
大きな実がたわわに実った桃の木にテンションあがりました。
201308-038.jpg
娘と同じ名前の桃「まどか」、初めて食べました。
大きくて濃厚な甘さ、とっても美味しかったです。
ヤギさんがいて、ワンちゃんがいて、会えませんでしたがネコちゃんがいて、、、
また来年もこちらに行きたいです。

実は桃狩りの前、薄皮饅頭を買いに柏屋さんへ。
立派なお店構え。
201308-039.jpg
柏屋さんの薄皮饅頭、絶品です!!ちなみに私は粒あん派です♪
試食して美味しかったので、檸檬(れも)というチーズタルトも買いました。

桃狩りのあと、米沢へ抜けて、上杉神社駐車場の売店で、
米沢牛串焼き・塩味♪
ジューシーで意外に脂も後味さっぱりで、いくらでもいけそうでした。
201308-040.jpg
上杉神社で娘の合格祈願のお礼参りもやっと実現しました。

そこから北上して山形市で、山形のソウルフード・どんどん焼き。
山形どんどんさん、アレンジメニューも豊富でした。
201308-041.jpg
近くの嶋地区で買い物をして、帰路につきました。
あ、帰る前にスシローで軽くお寿司をつまんで。
一度行ってみたかったんです、スシロー(笑)

食べ物話ばっかりですみません m(_ _)m
他にもいろいろ食べましたが、どれもこれも美味しいものばかり。
写真を見て思い出すと口の中にヨダレがあふれてきます(笑)
東北は美味しいものの宝庫です。
遠方の皆さんも機会があったら是非いらしてくださいね。


<オマケ>
201308-044.jpg
大勢の作業員さんにお辞儀をされて、こちらも頭が下がる思いでした。

関連記事

黄繭と天蚕の出殻繭

お母さんから連絡があり、黄繭をいただいてきました。
出来立てほやほやの黄繭生繭です。
毛羽付きでほやほやしています♪
201308-042.jpg

201308-045.jpg
これは天蚕出殻繭。6.5×2.5cmぐらいあります。
思っていたより大きくてビックリしました。
蔵を片付けていたら出てきたそうで、3年ほど前のだそうです。
きれいなグリーン色ですが、本来はもう少し色があるそうです。
「あなたに見せたくて」とくださいました、ありがとうございます。

毛羽を取りました。結構な量の毛羽が出ます。
これも紡いで糸にしてみたいという思いが湧き上がってきました。
お母さんに、来春の黄繭毛羽を予約しておこうと思います。
201308-043.jpg

201308-046.jpg
手でむしむしとっていたら、途中で眠気が襲ってきてカックーン(笑)
触っているだけでも癒されてました。

関連記事

晩秋蚕のお蚕ちゃん到着!

ちゃん到着しました!
今回は蔵王から6箱です。
201308-047.png
予定より1時間ほど遅れての到着、お父さんお出迎えです。

かわいい!可愛すぎます!!
201308-052.jpg
大小ばらつきがみえますが、だいたい体長12mmぐらいかな?
今回も遅れ気味で、まだ眠に入ってないようです。

一枚ずつ蚕座に運んで、塊を小分けにして、均等に広げていきます。
201308-048.jpg 201308-049.jpg
201308-050.jpg
もちろん今日も、私は手をだせません。
真剣に作業しているお父さんの横で、写真を撮ったり、いろんな話をしながら見学。
昆虫食の話や、蚕の糞の話で盛り上がりました。
蚕の糞が薬になるという話は、以前から気になっていて、これで今年最後だし、石灰振っちゃう前に、と
思い切って、ほんの少量口に含んでみました。
苦みがあるかな?と予想してましたが、意外にも味はありませんでした。
ただ、口の中で溶けず、いつまでもざらざらと残り、飲み込むのに時間がかかりました。
本当に薬といった感じです。
5齢の糞は蚕沙といって漢方薬にあるみたいですね。
さすがに5齢の大きな糞を口に入れる勇気はまだありませーん。

消毒用の石灰を振って、本日の作業は終了。
201308-051.jpg
今年最後の晩秋蚕、気を引き締めて、愛情たっぷり、お手伝いさせていただきます!

関連記事

ニキテキショウホウ?

の若葉です。美味しそうでしょ?(笑) ← の気持ちになってます。
201308-053.jpg
ちゃんたち、おねむの間に取りに行きました。
今日からはしばらく、二期摘梢法(ニキテキショウホウ)で取りをします。
ナントカ商法ではありませんが、ちょっと難しそうな名前ですね。
二期摘梢法とは、春(夏)に切った枝から新しく伸びた脇枝のなるべく長いものを手でかいてとるやり方です。
今日は、前回初秋蚕で使った畑に行きました。
長いものだと30cmぐらいに伸びていました。成長早くて驚きました。

桑畑にはまだ蚊がいるので、暑さを取るか、痒さを取るか、昨晩から悩んだ結果、暑さを取ることにしました。
はんこたんな+ヤッケ上下+長靴・ゴム手袋で完全防備。
おかげで、蚊にもアブにもほとんど喰われませんでした。
が、蚊も通さないけど風も通さないので、頭がぼーっとしてきて、熱中症になるかと思いました。
そんな時、、、
くわこちゃん発見♪
写真だと大きく見えますが、体長6mmぐらいです。
201308-055.jpg
可愛くて、うれしくて、熱中症も吹っ飛びました。
「気」の力はすごいですね(笑)

さて、取り終えて蚕室に戻ると、おちゃん達ほぼ起きていて、
「お腹すいたよ~、早くちょうだ~い」と首をふりふりしてました。
石灰を振って、付けです。
201308-056.jpg 201308-057.jpg
201308-058.jpg
お父さんの桑のあげかたは、いつみても美しいです。
お父さんのあげたのをお手本に、今日は私もさせていただきました。
毎回お父さんのやり方を見てから、真似してますが、なかなかキレイにできません。

桑を置くとすぐに、のぼりついて食べ始めます。早いです。
201308-059.jpg
座に耳を近づけると、かすかにポリポリ。
心地よい音が聞こえてきます。

関連記事
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
07 09
プロフィール

ひか♪

Author:ひか♪

2012年秋、お蚕ちゃんに一目惚れ♪
2013年~ 養蚕農家さんへ弟子入り、
座繰り・真綿・和裁・草木染(真綿)・
機織・糸染(生糸)などなど

…MY SILK ROAD 模索中(迷走中?)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
検索フォーム