FC2ブログ

円氷!

暖かくて、ふと、外が気になりました。
昨年末に、中に取り込もうかどうしようか迷っているうちに、
雪の下に埋もれてしまった球根の鉢たちのこと。
見に行ってみました。

snowdrops♪

一つの鉢が、円い氷に覆われていました!(@@)
厚い氷を突き破って、芽を出しています。

また明日から寒さが戻ってくるそうです。
がんばれ!スノードロップちゃん!!


そんなことを知ってか知らずか、
ひかちゃんは毛布の上でまあ~るくなっていました。

hika♪

もふもふのモーフは気持ちいいニャン (=^・^=)

スポンサーサイト



関連記事

開眼♪

isobe-onsen

ちょっと旅してきました。
降り立った磯部駅前の風景です。
懐かしい街並みに心ときめきました♪

知ってます?
♨マーク発祥の地なんですって、磯部温泉(^^)


silkito

シルクの糸の作り方を学ぶための旅でした。
目からウロコの2日間でした(☆o☆)
ありがとうございました。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

帰りの高崎駅で買ったカワイイだるまさん♪
帰宅して、さっそく目入れ!
「開眼」というのだそうです。
いっぱい願掛けしながら目を入れました(~~)v

takasakidaruma  darumameire

一年間がんばって、必ず両目開眼します!!
わたしも目を大きく開いて、しっかり学ぼうと思います(*^^*)



    ☆ぽちっ☆ とお願いします →  



関連記事

めご♪

座繰りには欠かせない道具「みごほうき」を作るため、父を頼って実家へ。
繭から糸をひきだす時に使う小さな箒です。索緒箒ともいいます。
稲藁から穂先を引き抜いたものを「みご」というのだそうです。

ちなみに両親は「めご」と呼んでいました。
この辺の方言で「めご」=「かわいい」なので、
小さくてかわいいから「めごほうき」と呼ぶのだと思っていました。
訛っていたんですね~(~▽~)

藁を節の上で切って、
fushi

穂先を抜き取ります。
mego

先を揃えて・・・
soroe

針金できつく結わきます。
shibari

結わいた上でカットして完成♪
使ってみながら、穂先を切りそろえていこうと思います。
megohoki

ちなみにこれでみご150本ぐらいです。
意外に簡単にできました。
・・・って、ほとんど父がやりましたが(~~;)

父に助言をもらいながら、自分で作るつもりで行ったのですが、
父のほうが熱くなって全部作ってしまいました(笑)

次は最初から最後まで一人で作りますっ!!(*^^*)




    ☆ぽちっ☆ とお願いします →  


関連記事

箒Ⅱ♪

昨日の続きです。

午後から実家へ。
今日は、一人で作ります。

rice straw

・・・と宣言して行ったのに、蔵で父が待っていました(笑)
まあ、コーヒーでも飲んできてよ、雪除けは?と追い出すこと数回(~~;)
2時間ちょっとでできました♪
今日は最初から最後まで一人で作りました(*^^*)

hoki×2

昨日の倍の300本使いました。
楽しくて、何本でも作れそうです(*^^*)

切り落とした残りで、また縄を綯おうと思います♪
今年の秋は、藁束を確保しないと!

今日はだんだん気温が下がってきて、火の気のない蔵は寒かったです。
帰宅して、早くお風呂に入って暖まろうと思っていたら、
ひかちゃんに先を越されてました。

hika♪

静電気のパチパチ☆がとれてお風呂場サイコーにゃん(=^・^=)




    ☆ぽちっ☆ とお願いします →  



関連記事

開始♪

先日、注文していたものが届きました♪
oobako3

座繰り器、買っちゃいました!(*^^*)
zaguriki

揚げ返し器も!
agekaeshiki

そう、先日の群馬への旅は、座繰り製糸を学ぶためのものでした。
その時のことは、追々UPしたいと思います。
群馬県安中市で蚕絲館を営んでいらっしゃる東さんにご教授いただきました。
東さんのことは、養蚕のことを調べていて知りました。私にとっての大先生です。

私のバイブルです! →→→ 東さんのブログ 蚕糸日記 -さんしにっき-

この愛しい道具たちは、東さんにご紹介いただいた、桐生市の齊藤機料さんのものです。
運良く、在庫が1台ずつあるとのことで、すぐに送ってくださいました。
東さん、齊藤さん、ありがとうございます。

さっそく座繰り開始♪
shaken

しっかり覚えてきたつもりでしたが、わたしの忘却能力のすばらしいこと!
思い出すのに随分時間を費やしました(~~;)
あとはとにかく練習あるのみです。

下の写真は、東さんの作業場。作業しやすい配置でした。
これを真似ながら、並べてやってみたのですが・・・
sanshikan

仕切り直しです(~~;)
道具の配置、重要ですね。いろいろ動かしながら、試行錯誤中。
shikirinaoshi

楽しそうなものがいっぱいあるニャ(=^・^=)




    ☆ぽちっ☆ とお願いします →  




関連記事

初糸♪

前回は、繭を煮る時間が足りないせいで、途中で何度も糸が切れてボロボロに(;;)
なので、今回は繭を煮るところに重点を置いてやってみました。

煮繭についてネットでいろいろ探してみると、こんなような言葉が。
『一番難しいのは煮繭で、糸繰り自体はそんなに難しいことではない』

・・・ということで、巻き取った糸枠がコレ。家でひいた初めての糸です♪
itowaku

揚げ返し・アミソかけして、軽くほぐして干しているところです。
amisokake kageboshi
干場を探すのにに苦労しました。
うちにはチュー害はありませんが、ニャン害が多発するので、こんな所に(・・;)

白くてキレイ♪うっとりします~。本当に生糸って綺麗♪
kiito
ずーーーっと眺めていたい。。。
眺めていると改善点がたくさん見えてきて、ワクワクします(*^^*)


ボクもワクワク(=^・^=)
nyangai
(ニャン害)



    ☆ぽちっ☆ とお願いします →  



関連記事

絶版!

またまた素敵な本をゲットしました♪
kyokasho

表紙からは想像つきませんでしたが、中身は、、、
繭のこと、生糸のこと、真綿のこと、精錬、染色、紡ぎの方法、などなど、
私の知りたい情報が盛りだくさん!写真入りで詳しく解説されています。
それが1冊に集約されているなんて!!

著者は、長年にわたり大日本蚕糸会蚕糸科学研究所主任技師を勤められた西城正子氏。
蚕糸のスペシャリストですね。

こんなすごい本なのに、すでに絶版で、他では手に入らないとわかったので、
ちょっと高くなりましたが、即落価格で♪ (ヤフオクです)
出品者の方、ありがとうございました。m(_ _)m

過去記事の、
  『大当♪』   (http://rikahi.blog.fc2.com/blog-entry-104.html)
に続く、私の教科書です。(*^^*)




    ☆ぽちっ☆ とお願いします →  


関連記事
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
01 03
プロフィール

ひか♪

Author:ひか♪

2012年秋、お蚕ちゃんに一目惚れ♪
2013年~ 養蚕農家さんへ弟子入り、
座繰り・真綿・和裁・草木染(真綿)・
機織・糸染(生糸)などなど

…MY SILK ROAD 模索中(迷走中?)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
検索フォーム