FC2ブログ

娘の成人式♪

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年は華やかにスタートします♪
昨日、下の娘の成人式を無事終えました。 (上の娘の時の様子はコチラ → → → 娘の成人式
心配したお天気は、ありがたいことに少雨ですみました。1月で雪がないなんて!
華やかで、煌びやかで、絵巻のような風景。




お友達との再会。みんなステキなお嬢さんに変身していて、「誰~?」と聞いてしまいました。
fc2blog_201601101517237ee.jpg

20160110.png

会場へ向かう前、祖父母宅へお披露目に。
fc2blog_20160110152233a12.jpg

娘の希望で、前撮りと当日で帯締め・帯揚げ・重ね衿の色を変え、帯結びも変えていただきました。
帯揚げ・重ね衿の色で、こんなにも雰囲気が変わるとは、驚きました。

(前撮り)ブルーは若々しく、


(当日)グリーンは優しい印象に。

終了後は、風が強く横殴りの雨だったので、祖母の箪笥に入っていたコートと裾よけ?を持って行きました。


着方が合っているかわかりませんが、振袖を濡らさずに済みました。
おばあちゃんの眠った着物を役立てることもできて、よかったです。

これで娘2人の成人式完了です。肩の荷がおりました。
次は結婚式かな?(笑) 楽しみにしています♪

(iPhoneのご機嫌が戻らず、ダンナのスマホで撮影しました。。。)

スポンサーサイト



成人式の前撮り♪

下の娘の成人式の前撮りをしました。
上の娘から2年、早いものですね~。その時の記事はコチラ → → → 前撮りの様子 



こんなに愛らしく撮っていただきました♪
今回も親バカを丸出し(笑)







お世話になった皆さま、ありがとうございました。
当日もよろしくお願いいたします!
日本全国お天気に恵まれることを祈っています。

祖母の桐箪笥

いつも利用している画像加工サイトで何故か画像が取り込めなくなり、しばらく休んでいました。
今話題のIEが原因か!?と思い、色々やっているうちに、いつの間にかできるようになっていた、、、
時々不具合があったので、たまたまだったのかもしれませんね。とりあえず一安心。

さて、亡き祖母の箪笥が我が家へやってきました。
実家の両親に「処分するなら譲って!」とお願いしていた物。
多分、祖母の嫁入り道具の桐の箪笥で、80年ぐらい経っていると思われます。
品物が良かったのか、桐の特性か、祖母の手入れが良かったのか、、、
80年も経っているとは思えないほどの良い状態で、まだまだ現役バリバリです。
201405-001.jpg
祖母はキモノ好きで沢山持っていたみたいです。
形見分けの時、祖母を慕っていた姪御さん達に好きなものを持って行ってもらったそうです。
良い品はその時に全部貰われていき、ここにあるのはそのうれ残り。
それでも素敵なキモノが結構あり、わたしには十分なのですが、残念ながら帯類はほとんど残っていません。
そこで、リサイクルショップやネットオークションで帯を物色。先日、段ボール箱一杯の帯が届きました(笑)
その帯類と祖母のキモノ類で、既に全段満杯です。

この箪笥、下2段と上3段で真ん中から分解できるんです、驚きました。(常識ですか?)
お陰で私の軽乗用車にラクラク積んで運ぶことができました。
わたしの嫁入りの箪笥は自分で選んだ物ですが、確か欅で、重くて一人では動かせません。
箪笥は軽いほうが絶対いいですね。

引き出しを全部出して掃除をし、しばらく干してから収納しましたが、元の段にぴったり収まりました。
空気圧で別の段の引き出しが押し出されたりして、80年も経ってるのに、狂ってない、すごい!
桐の箪笥は大切なキモノを虫や湿気から守ってくれる最高の入れ物ですね。
ただ一つ難点は、長年染みついた樟脳臭・・(泣)
どなたか、箪笥の樟脳臭を消す方法、ご存知ないですか?

昔は、女の子が生まれると庭に桐の木を植えて、嫁ぐときにその桐で箪笥を作り持たせたそうです。素敵!
父が教えてくれました。(これも常識ですか?)それほど桐は箪笥に最適だということですね。
・・・父よ、その話20年前にしてほしかった~!(笑)

決心しました!娘の嫁入りの時は、箪笥は絶対に桐!
これと同じ型の上下に分かれるタイプのものがいい。
そしてわたしはこの祖母の箪笥とキモノを大切に使っていこうと思います。
残してくれた祖母と、処分せずに保管していてくれた両親に感謝です。

きもの覚え書き (振袖)

娘の成人式が無事終わり、使ったもののお手入れを。
2年後は下の娘の成人式。忘れないように、片づけながら、おさらいです。
間違いなど多分あると思います、ご指摘いただけると嬉しいです。

左から、
振袖、長襦袢、帯(袋帯)
201401-020.jpg 201401-021.jpg 201401-022.jpg
ありがたいことに、市内の老舗の染み抜き屋さん「中谷しみぬき店」さんで、
着物・帯・襦袢の3点が「成人式特別価格」中でしたので、先日お願いしてきました。

上から、
伊達衿、帯揚げ、帯締め
帯揚げの上のは帯飾り…着付けをしていただいた美容室さんからお借りしたもの。
201401-024.jpg
(ここまでの帯以外は「まゆや安達」さんより誂えたものです)
帯は私の嫁入り道具で未使用のものでしたが、この振袖に合うか不安でしたので、
ブログで知り合った、着付けの先生「絵事後素 かいじこうそ」WAFUさまに相談しました。
写真で見ていただき、アドバイスもいただきました。ありがとうございました。

上から、
帯板(小)…帯結びの際使ったものでこれもお借りしたもの。
振袖用帯板(大)、コーリンベルト2本、帯枕、
そして、着物用スリップ(上下に分かれた肌襦袢&裾よけに代わるものです)
201401-027.jpg 201401-023.jpg

左上から:シャーリング伊達締め2本、マジック伊達締め
右上から:三重仮ひも(飾り結びの時に使うひもです)、腰ひも3本
201401-030.jpg 201401-028.jpg
ここまでの小物のほとんどは「千尋草」さんで教えていただきながら揃えました。

左:防弾チョッキと肩パッド(笑)…ウソです、名前が分かりませんが補正用の何かです。
  これも美容院さんにお借りしたもの。
右:補正に使うタオル
201401-025.jpg 201401-026.jpg

左:和装ストッキングと足袋   右:羽毛ショールとバッグ・草履(ネットで購入)
201401-029.jpg 201401-031.jpg

忘れていました!
長襦袢に縫い付けていた半衿と中に仕込んだ衿芯
201401-036.jpg 201401-037.jpg 201401-038.jpg
半衿はそのままでいいですよ、と言われたので、外さずにしみ抜き屋さんへ。

髪飾り。上の2つは家にあったもの。
下の2つは、ヘアーセットをしていただいた美容室さんのハンドメイド。
フラワーアレンジメントを勉強されています。
201401-034.jpg
201401-032.jpg 201401-033.jpg
実はこのガーベラ「生」なんです。萎れないように加工して、ラメをつけて。
どちらも着物の柄・色に合わせて作ってくださいました。
とっても可愛らしかったです。ありがとうございました。

そして、風呂敷、大小さまざま。
100cm×100cmぐらいの大判風呂敷が重宝しました。
201401-035.jpg

着物ハンガー。(ネットで購入)
長ーく伸びて、コンパクトに折り畳みできて、収納・持ち運びに便利。
201401-039.jpg
201401-040.jpg 201401-041.jpg

小物類すべてに娘の名前を書きました。
昨年末に市内の呉服屋さんの展示会へ行ったとき、
『小物類は、出来れば一人分ずつ揃えて、全部に名前を書いておいたほうがいい。
 親戚が大勢集まると、終わって一斉に脱いだ時、皆同じような物だから、どれが誰のか分からなくなるから。
 風呂敷で包んでひとまとめにしておくと便利。』と教えていただきました。
・・・確かに、私も喪服用の帯と草履が紛失中です。多分実家に紛れていると思いますが。
2年後は下の娘の成人式ですが、上の娘の卒業式もあるので、これは一人分ずつ揃えたほうがいいですね。
ついでに私の分も揃えてしまおうと思います♪

肌着・小物類は洗濯できるものは洗濯して、しわにならないように畳んで風呂敷に包んで箪笥へ。
あとは、着物類は、梅雨時を避けて、できれば年に2回ぐらい風通しをするようにと、
しみ抜き屋さんからのアドバイスです。

娘の成人式のおかげで、きものの勉強ができ、だんだんきものが好きになってきました。
今まで全くご縁も興味もなかったので、まだまだ分からないことだらけですが、今後も続けたいと思います。
沢山の方にお世話になりました。ありがとうございました。
皆さま今後もご指導よろしくお願いいたします。

娘の成人式

昨日(1月12日)、娘の成人式でした。新成人のみなさま、おめでとうございます!
201401-019.jpg
送迎だけのつもりでしたが、あまりの華やかさにテンションが上がってしまって、
しばらくその場に残って雰囲気を楽しんできました♪
受付の時間帯には雪も風も止み、穏やかな天気に恵まれて、よかったです。

若くて美しい女の子たちの色とりどりの振袖姿。豪華絢爛です。
そして、その場にいる誰もが笑顔!笑顔!笑顔!!
こんなさびれた町にこんなに華やかで煌びやかな時間があったなんて!
シアワセなパワーをいっぱい浴びてきました♪
201401-011.jpg
↑↑↑(注)この白は雪です。
201401-012.jpg
白いホワホワだらけ(笑)
次から次に目の前に現れる艶やかな振袖・帯。
古典的な柄、現代風の斬新な柄、お母様やお祖母様から受け継いだと思われる古風で素敵な柄、、、
目の保養になりました。来年も見に行こうかしら(笑)
男の子たちはほとんどがスーツ姿で、羽織袴姿が思っていたほど見当たらなかったのがちょっと残念でした。

↓↓↓幼稚園時代の大の仲良しと8年ぶりの再会!  ↓↓↓妹と
201401-015.jpg 201401-014.jpg 201401-016.jpg
中学時代のクラスメイトと↑↑↑

娘のお友達のことは、私の記憶の中では、幼稚園、小学校、中学校の時のままでしたので、
皆大人の美しい女性に変身していて本当に驚きました。
きっと他の方から見れば、わが娘もそう見えただろうなと思います。
自分の二十歳の頃を思い返してみて、そろそろ大人として見てあげなきゃいけないな、と思う母でした。
(でもまだ大学生ですので、あと2年、猶予をもらいますけどね)

前撮りの様子

娘の成人式の前撮りの様子です。
201312-112.jpg
201312-113.jpg
201312-114.jpg
こんな様子を見ていると、娘がモデルにでもなったような気分に。
バカ親です。いい夢見させていただきました。

呉服屋さん、ヘア&メイクの先生、着付けの先生、フォトスタジオの方々、、、
大変お世話になり、ありがとうございました。
このあと、主人と私両方の実家へお披露目に。

前撮りが終わり、肩の荷が半分下り、ほっとしてドッと疲れが。
娘の成長を喜ぶと同時に、親がしてやれることも、あとわずかだなあ、と思い、
ちょっぴり寂しさを感じた瞬間でした。

きもの着方教室

かねてから念願のきもの着方教室へ。
先週、浴衣で初体験♪ 
201310-047.jpg

そして本日。
この帯(お太鼓)を自分で作れるなんて!感激です。
上手に教えていただき、ありがとうございました。
201310-050.jpg 201310-054.png 201310-049.jpg
この着物は、私の嫁入り道具の大島紬(?)初めて袖を通しました。
着てみて、きもの、ますます好きになりました。
私の、母の、祖母や伯母の、箪笥の肥やしとなっている着物がたくさんあります。
忘れないうちに、順番に着てみたいと思います。

教えていただいたのは、洗えるきものと猫雑貨のお店「千尋草」さん♪
店内にはいろんな猫ちゃんがいっぱい♪猫好きにはたまりません!!
次回はじっくり猫ちゃんを物色しに行こうと思います♪
201310-051.jpg 201310-052.jpg
津軽三味線の教室もなさっています。
着物を着て三味線を演奏・・・カッコイイ!憧れます。

本をお借りしました。
201310-053.jpg
勉強して、練習して、出直します(笑)
また伺います、ありがとうございました。

振袖を見に

先日、山辺町の安達まゆやさんへ、振袖を見にいってきました。
素晴らしいお品ばかり、目の保養になりました。
o-003.png o-002.jpg
o-001.jpg o-004.jpg
沢山羽織らせていただきました。写真はごく一部です。
娘を持つ親の醍醐味をたっぷり味わいました。ありがとうございます。
どれに決めたかは、ご想像にお任せします。

来年1月、娘の成人式です。ギリギリになってしまいました。
和装の心得が全くないため、いろいろお手数をおかけしてしまいました。
これはいよいよお着物の勉強もしなければ、と思います。

ゆかた姿の娘たち

お蚕の話はちょっと一休みして。

先週の花火大会の日の、ゆかた姿の娘たちです。
左が下、右が上の娘です。
yukata-m.png  yukata-o.png
下の娘の浴衣を探していて偶然通りかかった、地元の山本呉服店さんで誂えました。
あまりに素敵な柄がたくさんで迷ってしまい、地元を離れているお姉ちゃんの分も一緒に。
とても素敵なおばあちゃまと旦那さまにアドバイスいただきながら、2人それぞれ似合いそうな柄を選びました。
仕立て上がってきたら、反物で見たのとイメージが変わって想像以上に素敵でビックリ!

「既成のものと違って、プリントでなく染めてあるから裏もきれいだし、手縫いはミシン縫いと違って洗っても型が崩れない。流行柄と違って飽きが来ないから、いいものは長く着れるわよ」といわれました。
そして、仕立て代は負けられないけど、反物代は勉強しますよ、と、とってもよくしていただきました。
着方もたたみ方も丁寧に教えていただき、虫よけのウコンの風呂敷に包んでくださって。
着物のことを何にも知らなく、ちょっと恥ずかしかったです。
何から何までとてもよくしていただき、ありがとうございました。

残念なのは、浴衣が仕上がってから帯選びが間に合わなくて、元々持っていた幼いワンタッチ帯なこと。
来年までには、それぞれ浴衣に合う帯を選んであげたいと思っています。

下の娘は自分で着て、お友達のお母さんに直してもらい、
上の娘はアパートの大家さんに頼んで着せてもらったそうです。
娘がいる母親なら、着付けぐらいは身だしなみかしら?
突然頼まれたのに、こんなにキレイに着せてもらって、本当にありがとうございました。

養蚕のシーズンが終わったら、着付け教室に通おうか検討中。
娘の着付けと、自分でも着れるようになれたらいいな、と夢見ています。
絹にかかわる者として、着物の良さを知らないといけないかな、と思い始めています。

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05 07
プロフィール

ひか♪

Author:ひか♪

2012年秋、お蚕ちゃんに一目惚れ♪
2013年~ 養蚕農家さんへ弟子入り、
座繰り・真綿・和裁・草木染(真綿)・
機織・糸染(生糸)などなど

…MY SILK ROAD 模索中(迷走中?)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
検索フォーム