スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆざ湧水めぐり

鳥海山・飛島ジオパーク研修会に参加しています。
昨日は、楽しみにしていた遊佐町の湧水めぐりでした。
ジオガイドの解説付きで町内の湧水群を散策。











パンフレットには12の湧水が紹介されています。
鳥海山の恵みを受け遊佐町内には多くの地下水脈が走っていて、
水脈があればパイプを差すだけで湧水が取り込めるとのこと。
ほとんどの、と言っても過言ではないほど、多くの民家の軒先には湧水があります。
湧水を水田にもひいているためか、遊佐はお米もとても美味しいです。
山の恵みは、生活用水から農業用水まで有効に利用されています。



丸池様。いつ来ても違う顔で迎えてくれる、ミステリアスな池です。
池の真ん中あたりから、毎分6tもこんこんと湧いているのだそうです。
年間を通して10度前後なので、水が腐らず、倒木なども腐らないのだそうです。



女鹿の神泉の水。
集落の中にある、共同水場です。
段々になっているのは、上から、
飲料水、
米研ぎや果物などを冷やす、
野菜や海草を洗う、
洗濯、
泥の付いた農具などを洗う
おしめなどを洗う
・・・と、用途に合わせて使い分けているとのこと。
実際に作業している場に立ち会えなかったのは残念でした。



釜磯海岸。日本海側なのに、三陸地方みたい。



そこかしこで湧き出していました。
砂浜からぽこぽこ湧き出す様子は見ていて飽きません。



黒いのは砂鉄です。これも鳥海山の恵み(?)
庄内北部の海水浴場の砂には砂鉄が多く含まれています。



地元なのに、知らないことが多く、参加するたびに勉強になっています。
全4回で次回が最終回。来年もあればぜひ参加したいと思います。

スポンサーサイト
関連記事

秋色のお楽しみ♪

畑の唐辛子が真っ赤に色づきました。



1回目はタコ糸を使ったら、滑って逃げて、うまく編めなくて。
2回目、苧麻を縄に綯って編んでみたら、綺麗にできました♪

曲がっていて編めなかったものは、ただ結んだだけで、かわいくなりました。



たくさんは要らないので、一株だけ植えています。
もう少しできそうです。

赤トンボも飛び始めて、柿も色づき始めました。
収穫、制作、お出かけにも、楽しい季節ですね~♪

関連記事

お久しぶりで・・・船(笑)

お久しぶりの更新で、また船?
今回は狙って行ったわけではないのですが、、、
寄港していた「しらせ」をちょっとだけ見学してきました。



どんだけ船が好きなんだ?って話ですが、たまたまです(笑)
他の用で港を訪れたのですが、せっかくだから、中も見ようよ、ということになり、乗船見学。
この後予定があったので、さささーっと。

WELCOME TO SHIRASE!


WELCOME返し!
WELCOME TO SAKATA!(全部は入りませんでした)




船首


操舵室


寄港地ごとの寄せ書き




居室フロア廊下


居室内部も公開


♨(笑) 温泉ではないと思います。


SEE YOU AGAIN!!




ふと思った。
客船の時と逆向きに停泊していました。
客船と艦船では昇降口が逆なのでしょうか?

それはさておき、
「南極観測船しらせ」と記憶していましたが、「砕氷艦しらせ」と表記されていました。
観測=気象庁?と安易に思っていましたが、
文科省が建造し、海上自衛隊が運営、とのこと。(Wikipediaより)
自衛隊の運営ということも知りませんでした。



文科省では南極観測船、自衛隊では砕氷艦と表現するようです。
まだまだ世の中知らないことだらけ。
勉強になりました。


<オマケ>



水陸両用?タイヤがついてました。本体より高性能(笑)

関連記事

初入港!

昨日、コスタネオロマンチカの出航を見に港へ。
外国船籍の客船は初入港ということで、すごい賑わいでした。

入港時は1000人の見学客とニュースで見ましたが、出港時は倍は来てたと思います。
行きも帰りも大渋滞。夏休み中でもあるし、親子連れが目立ちました。



船内見学会には、今回は残念ながらハズレました。



福岡から出発、舞鶴、金沢へ寄港し酒田へ。
この後、青森、韓国・釜山へ寄港し、福岡に戻る7泊8日の日本海周遊クルーズ。
北の影響でキャンセルが出たのか、定員の半分ほどしか乗ってないようです。もったいない!



客室の丸い窓、可愛いですね。乗れるんなら、わたしは窓なしでもいいんだけど(笑)



毎回見ても感激するのが、離岸時に船が真横に走るところ。
あっという間に小さくなり。



お見送りの花火と一緒になんとか入りました。(矢印が船です)

来年は3回寄港するとのこと。
ダイアモンド・プリンセスも来るというし、
父母にパスポートをとらせて、来年はこの船も船内見学したい!!

関連記事

梅仕事いろいろ♪

今年は梅とのご縁が沢山ありました。
久しぶりに梅仕事を楽しんでいます♪


産直で買った青梅の小梅でカリカリ梅に初挑戦。

  


大きな青梅は、梅酒と蜂蜜漬けに。(知人から購入)

  


山の家の貴重なウメ、炊飯器で甘露煮を作ってみました。これも初です。

  


完熟梅で2種に初挑戦。

甘い梅漬け(山の家の貴重なウメ)

  


さしす梅干(知人の大梅)

  

今年は、ほとんどの梅は購入しましたが、数年後には自家製の梅で作る予定。





昨年秋から、亡き祖父が植えたという梅の木を手入れしています。(正確には主人の祖父)
恐らく樹齢50年は超えていると思います。
家の裏に3本、畑(と呼んでる山林)に5本ぐらい。柿もあります。
上記の「山の家の貴重なウメ」は家の裏の木から。ほんのちょっとしか実がついていません。
きっとおじいちゃん、保存食の梅干しや干柿を沢山作れるようにと植えたのだと思います。
叔父伯母や母たちは興味がなかったようで、恐らく祖父母ができなくなってからそのまま。
何十年も放置されていて、大木になっていて届かず、実付きも少ない。しかも藪の中。
昨年秋、梅の木を一本、チェンソーでバッサリ切ってもらいました。
元気な新芽が吹き出してきたので、枝が柔かいうちに芽掻きをしました。



数年かけて剪定して、実がなるように手入れをしようと思います。
数年後にはザックザクかな?(*^^*)

関連記事

春蚕、終了~



いい繭ができましたー♪
松岡さんから乾燥していただき、本日無事、春蚕、終了~。
お世話になった皆様、ありがとうございました!!



冬に戻ったり真夏になったり、気候の変動の激しい1ヶ月間でした。
長かった~~~。
長かったけど、日々勉強になり、自信もつきました。

大きな失敗はありませんでしたが、小さな失敗はちょこちょこ。
それをクリアにするたび、小さな自信になった気がします。
師匠のところでお手伝いしていた時には気がつかなかったこと、
頭ではわかっているつもりでいて全然わかっていなかったこと、などなど、
本当に勉強になりました。
やって良かったです!

いい桑が十分に手に入るなら、初秋蚕も晩秋蚕もやりたいぐらいです。
が、焦らず、一つ一つ準備していこうと思います。

お世話になった皆々様、本当にありがとうございました!
今後もよろしくお願いいたします。m(_ _)m


関連記事

選繭&収繭

上蔟10日目、いい天気が続き、順調に繭は白く固くなりました。
選繭は、師匠の所へ蔟ごと運んで、電光器を使わせてもらいました。



選除繭が少なく、繭層も厚くて、かなり嬉しい~(*^^*)


師匠達は先週出荷を終え、桑園の手入れに忙しくしていました。
畝間を耕すトラクター



トラクターの幅とぴったりの畝間を耕起しています。
桑を傷つけないように、後ろを気にしながら器用に操っています。
師匠の運転技術に、改めて凄いと思いました。

奥では草刈りをしています。



今日はとても暑い日でした。最高気温32度。
どんなに暑くても、桑の手入れは急いでやらないと、次の収穫に影響します。
体力勝負ですね。熱中症に気を付けて!!


春蚕後に根刈りした株がもうこんなに青々と!




さて、戻ってからは、蚕具を外に出して日光消毒。




そして、いよいよ収繭。
風がなく蚕舎の中は蒸し暑いので、外でやることにしました。




蔟から繭を押し出し、




毛羽取り前




毛羽取り後



一つ一つ確認しながら、手作業なので、時間がかかります。
今日はここまで~。

関連記事
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

ひか♪

Author:ひか♪

2012年秋、お蚕ちゃんに一目惚れ♪
2013年~ 養蚕農家さんへ弟子入り、
座繰り・真綿・和裁・草木染(真綿)・
機織・糸染(生糸)などなど

…MY SILK ROAD 模索中(迷走中?)

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。